ひきしめ効果でリフトアップできる理由

newaリフトは「引き締め専用」の美顔器です。

お顔が引き締まることで小顔をゲット!というのなら分かるのですが、名前を見るかぎり「LIFT」効果がメインのようですよね。

この作用がどうして起きるのか今ひとつ理解できなかったんですけれど、自分で使ってみると実際にひき上がってくれるので体感としてよく分かりました。

 

まずnewaリフトでお手入れするとサブマイクロ波の作用により、肌の内部のコラーゲンに熱が伝わることで収縮が起こります。

コラーゲンってアミノ酸でできているんですが、そもそもアミノ酸ってタンパク質なワケですよ。

タンパク質は熱を加えると縮む性質を持っています。

極端な話お肉に火を通すと小さくなりますよね?あれと似たようなことです。

 

お肌をそこまで高温にしたらヤケドになってしまいますが、nweaリフトは内部だけを適温で温めるので皮膚の表面に影響は出ません。

そして内部で起こった収縮につられる形でお肌の方が引っぱられてくれるので引き締めがリフトアップもつれてくるっていう作用なんですね。
こめかみとか髪の生え際辺りを指で上に持ち上げると顔全体が引っぱられてほうれい線も目立たなくなりますよね?

あれがnewaリフトで感じられるリフトアップ効果に近いものじゃないかと思います。

だからたるみ感がその場で減るのが分かりやすい部分なんです。

ただし、これって一過性のものなので次第に元のお肌の状態に戻ってしまいます。

それじゃ意味ないじゃない?と思うかもですが、ダメージを受けたコラーゲンは老廃物として排出され、その分新しいものが前よりも多く生成されて行くようになることで、こんどは本当の意味でハリとかもアップしてくるんですね。

ここまでになるには3ヶ月くらいかかるみたいですが、期待大!です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ